2012年02月18日

【平成23年産新米】【特A地区】【福島県会津産】【産地直送】【特別栽培】 会津葵二十八万石米(玄米30kg)こしひかり(コシヒカリ)EM米【東北復興_福島県】【放射能検査実施済・安心安全】

【平成23年産新米】【特A地区】【福島県会津産】【産地直送】【特別栽培】 会津葵二十八万石米(玄米30kg)こしひかり(コシヒカリ)EM米【東北復興_福島県】【放射能検査実施済・安心安全】【平成23年産新米】【特A地区】【福島県会津産】【産地直送】【特別栽培】 会津葵二十八万石米(玄米30kg)こしひかり(コシヒカリ)EM米【東北復興_福島県】【放射能検査実施済・安心安全】
¥15,340円(税込)送料込 カード利用可
オススメ度:★★★

◆会津葵二十八万石米極上会津産コシヒカリ◆喜多方市は、福島県会津地方の北西部に位置し、万年雪を頂く『霊峰・飯豊山』からの伏流水と恵まれた土地により、良食味で高品質な米を生産しています。水稲の作付面積は8400haで、その大部分は標高160m〜300mの地帯で生産されており、作付の9割をコシヒカリとひとめぼれで占め、一等米比率は9割を超える高品質米の産地であります。また、お米に関しては市やJA等による安全・安心な農産物の提供のため、土壌診断に基づき、稲作・畜産農家の連携のよる土つくりを行い、環境にやさしい農業生産の確保に取り組んでいます。★☆ 特徴 ☆★幕末当時、喜多方では会津城下の近隣の米どころとして、会津城下向けの米・酒・味噌・醤油などの生産が盛んでした。このお米が作られている場所は、喜多方北部の慶徳地区(日本穀物検定協会特A地区)というところであり、福島・新潟・山形にまたがる霊峰飯豊山の万年雪の伏流水が会津盆地に一番最初に流れてくる地域です。また、その地域のごく一部でしかつくられていない「会津葵二十八万石米」は完全無農薬・無化学肥料・さらに有機肥料で作られており、農水省の認定のEM米(有用微生物群 Effective Microorganisms)でございます。有機肥料については、地元生産者の専業農家石田さんの家畜の肥料のみを使っております。昔ながらの農法で、決して大量生産しない大切で非常に手間のかかる貴重なお米です。是非一度お試しになってみてください。◆米の食味ランキング「特A」とは・・・?米の食味ランキングは、炊飯した白米を実際に試食して評価する食味官能試験に基づき、昭和46年産米から毎年全国規模の産地品種について実施しています。食味試験のランクは、複数産地コシヒカリのブレンド米を基準米とし、これと試験対象産地品種を比較しておおむね同等のものを「A’」基準米よりも特に良好なものを「特A」、良好なものを「A」、やや劣るものを「B」、劣るものを「B’」として評価を行い、この結果を毎年食味ランキングとして取りまとめ発表しています。「会津葵二十八万石米」は、10年連続「特A」を受賞しています!!!※直射日光を避け、冷暗所にて保存してください。■ ↓他にも沢山あります!!↓お試しセットお一人様1つ限り白米10kgです。ご家族向けにどうぞ重い荷物30kg送料無料です。玄米です。精米できる方どうぞ。
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]
posted by ttfxh at 11:00 | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。